ティッシュ、印刷用紙、「紙の値上げ」は止まらない 業界首位の王子HDの動向に注目が集まる

印刷
A
A

あらゆる種類の紙で値上げが行われている。目下、焦点となっているのは印刷用紙をめぐる王子ホールディングスの動きだ。

大王製紙の「エリエール」、日本製紙の「クリネックス」などは値上げされる(編集部撮影)

特集「値上げの裏側」の他の記事を読む

ティッシュ、トイレットペーパー、印刷用紙、段ボール――。製紙会社があらゆる種類の紙の値上げに動いている。

1月11日、家庭紙首位で「エリエール」ブランドを展開する大王製紙が3月下旬出荷分から15%以上の値上げ(対象は家庭紙製品全品)を発表。続いて1月20日には、家庭紙2位「クリネックス」「スコッティ」ブランドを持つ日本製紙も4月出荷分からの10%以上の値上げを打ち出した。いずれも原燃料や物流コストの上昇などをその理由に挙げている。

いち早く値上げを決めた大王製紙は「食料品や日用品の多くが値上げをしているので、(卸先に)ある程度理解されている」と話す。製紙メーカーの中で今のところ値上げを表明しているのは2社だけ。家庭紙3位で「ネピア」を持つ王子ホールディングス(HD)は動いていない。

印刷用紙は一斉値上げへ

一方、印刷用紙は一斉値上げの様相を呈している。

口火を切ったのは製紙業界2位の日本製紙だ。昨年11月、2022年3月期の業績予想の下方修正を発表する前日、自助努力で再生産可能な収益を確保するのは困難だとして、「2022年1月出荷分から印刷用紙や情報用紙を15%以上値上げする」と表明した。

すると、4位の大王製紙、6位で王子HDの持ち分会社の三菱製紙が間髪入れずに追随し、12月に入ると5位の北越コーポレーションも印刷用紙の値上げを発表。値上げ理由は原燃料価格や物流費、人件費上昇、温暖化ガス対策費用など共通する。

製紙業界は原燃料高に苦しんでいる。日本製紙の2021年度第3四半期(4~12月)は、紙・板紙事業が22億円の営業赤字(前年同期は1.7億円の営業赤字)。パルプや重油、石炭、薬品など原燃料価格の上昇と物流費高騰が響いた。三菱製紙も2021年度第3四半期の紙・パルプ事業は23億円の営業赤字。同社は40歳以上対象に60人の希望退職者募集を決めた。

値上げを表明した各社は、印刷用紙の値上げについて2022年1月出荷分をもくろんでいたが、2月に入っても「値上げを理解していただくよう(取引先)にお願いしている」という。予定通り進んでいない一因に、業界関係者は「値上げを表明していない会社もあるから」と口をそろえる。2月23日時点で印刷用紙の値上げを公表していないのは、業界トップの王子HDだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
値上げの裏側
企業物価の上昇で日本もインフレに突入するか
消費者に対する値上げの難しさも
「物価上昇」を読み解く8つのポイント
上昇はいつまで?Q&A形式で解説
高速バスの収入10%増!「値付けテック」の正体
交通業界で動き出す、「変動料金」の導入論議
マクドナルドを悩ます「ポテトショック」の深刻度
輸入遅延繰り返す恐れ、ポテチ各社は値上げへ
オーケーと対決、花王「値上げ宣言」で広がる茨道
ドラッグストアも反発、ライバルもお手並み拝見
ティッシュ、印刷用紙、「紙の値上げ」は止まらない
業界首位の王子HDの動向に注目が集まる
メリーズは初、花王「戦略値上げ」宣言の一部始終
オーケーの販売中止で脚光、10%値上げの帰趨
コカ・コーラの「値上げ」に戸惑うライバルの本音
追随値上げできずに「がまん大会」の様相
小麦ショック「17%値上げ」が招く深刻インパクト
ウクライナ危機で一段の値上げの恐れも
オーケー、値上げ局面でも「毎日安売り」変えない
調剤併設店を増やしてドラッグにも徹底対抗
ユニクロ「値上げ宣言」に踏み切れない複雑胸中
柳井氏の慎重発言に透ける国内の特殊事情
アサヒビール「異例値上げ」を真っ先に決めた胸中
減税の追い風が吹く中で「14年ぶり値上げ」へ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内