有料会員限定

政治決戦「1人区」がカギ 野党は世代と路線に課題 国内政治・参院選

印刷
A
A
22年7月の参院選こそが政治決戦の本番に(毎日新聞社/アフロ)

特集「新しい時代は拓かれるのか」の他の記事を読む

2022年、自民党は政権奪還から10年目を迎える。「何があっても最低10年は与党を続けなければ」と10年前に漏らした石破茂氏(当時、幹事長)の言葉が耳に残っている。「賞味期間は最低10年」という強い意志を感じ取ったが、自民党の与党としての耐用年数も10年かも、と一瞬思った。満10年は22年12月である。

その1年2カ月前の21年10月、自民党は新登場の岸田文雄首相を擁して衆議院選挙を戦った。議席減だったが、岸田首相は何とか続投を果たした。一方、同じく議席減の立憲民主党は、不振の責任を取って、結党以来の枝野幸男代表が辞任し、国民民主党出身で途中合流組の泉健太代表に交代した。

2人の新党首は次の22年7月の参議院選挙が初対決となる。

衆院選は政権選択選挙と呼ばれるが、実は21年の衆院選の前から「政治決戦の本番は次期参院選。衆院選はその前哨戦」というのが与野党の共通認識だった。衆院選の前、与党の自民党と公明党の総議席は、衆議院では過半数の73超だったが、参議院は16超にすぎず、過半数割れの可能性は参院選のほうが格段に大きかったからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内