有料会員限定

治療に新戦力 飲み薬実用化の現実味 新型コロナ・経口薬

印刷
A
A
米メルクの飲み薬は1日2回、5日間の服用で効果を発揮(Merck & Co Inc/ロイター/アフロ)

特集「新しい時代は拓かれるのか」の他の記事を読む

国内外でワクチン接種が進んだ2021年。今後、パンデミック収束への焦点になるのは“特効薬”が生まれるかどうかだ。現在、自宅で服用できる飲み薬の開発が急ピッチで進んでいる。

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は21年11月、米メルクが開発した「モルヌピラビル」の使用を許可するようFDAに勧告した。英国ではすでに使用が認められている。

モルヌピラビルは、ヒト細胞内でウイルスが自らのコピーを増やしていく際に強制的にエラー(変異)を起こさせ、その増殖を抑える薬だ。国内外で行われた臨床試験では、偽薬を投与された被験者と比べ入院・死亡リスクを30%低下させる効果があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内