有料会員限定

離職を防ぐべく財源と事業所の経営改革が課題 エッセンシャルワーカー

印刷
A
A
介護職員の給与は全産業平均より月6万円低い(撮影:梅谷秀司)

特集「新しい時代は拓かれるのか」の他の記事を読む

岸田文雄政権は、新型コロナウイルス感染症と少子高齢化への対応が重なる分野の職員給与を引き上げる方針だ。具体的にはコロナ対策などで役割を担う医療機関の看護師の収入を月額4000円程度、保育士・幼稚園教諭、介護・障害福祉職員などの収入を月額9000円程度引き上げる。

岸田首相が掲げる「新しい資本主義」に沿ったもので、公的に価格が決定される業界で働く人の処遇を改善し、民間企業の賃上げ機運につなげる狙いもある。いずれも2022年2月から実施される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内