有料会員限定

「80年代リバイバル作」相次ぐ 映画

印刷
A
A
80年代大ヒットした『ゴーストバスターズ』の最新作

特集「ポストコロナで復活機運」の他の記事を読む

2020年の映画業界は、『鬼滅の刃』という超メガヒット作があったものの、映画館の休業、作品の公開延期などで全体の年間興行収入としては前年比54.9%と低調だった。21年も興収100億円を超えた『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』をはじめとした邦画アニメ作品や、『東京リベンジャーズ』『花束みたいな恋をした』『るろうに剣心 最終章 The Final』『マスカレード・ナイト』といった邦画実写作品が健闘したが、洋画で興収30億円を超えたのは『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』だけ。ヒットの目安となる興収10億円を超えた洋画作品を見ても5本だけ(12月1日の取材時点)だった。

22年は回復の兆しが見えてきそうだ。『スパイダーマン』『ウエスト・サイド・ストーリー』『ジュラシック・ワールド』『SING/シング』『ミニオンズ』『トランスフォーマー』『ファンタスティック・ビースト』など大作がそろう。公開延期された作品も一気にまとめて公開されることになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内