有料会員限定

冬季もメダルラッシュに沸く 北京冬季五輪

印刷
A
A

ポストコロナが視野に入り、大きなイベントも目白押しだ。

写真:高梨沙羅は悲願の金なるか

日本のメダルラッシュに沸いた東京五輪から半年、早くも次の五輪がやってくる。北京冬季五輪は2022年2月2日に一部競技がスタート。4日に開会式が行われ、20日までの大会期間中にこれまでで最も多い109の種目が行われる。

日本は前回の平昌五輪で史上最多13個のメダルを獲得した。羽生結弦、宇野昌磨が金と銀を獲得したフィギュアスケート、小平奈緒や髙木菜那、美帆姉妹が活躍し、金3銀2銅1個のスピードスケートなど、覚えている方も多いだろう。北京でもこの2競技は期待の種目だ。

特集「ポストコロナで復活機運」の他の記事を読む

スピードスケートが好調

フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦が3連覇に挑む。ただ、11月のケガでNHK杯を欠場。五輪代表を決める12月22日からの全日本選手権の出場も不透明だ。それでも羽生は平昌でも、11月に負傷し全日本を欠場。ぶっつけ本番の五輪で金メダルをつかんでいる。オミクロン株発生の影響で中止となったが、宇野、鍵山優真もグランプリ(GP)ファイナル出場権を得た。前回同様、複数のメダルの可能性もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内