有料会員限定

2つの新リーグ誕生とeスポーツに注目! 注目スポーツ

印刷
A
A
ラグビーはW杯の盛り上がりを継続させたい(時事)

特集「ポストコロナで復活機運」の他の記事を読む

注目は新たに開幕する2つの「新リーグ」だ。ラグビーは「トップリーグ」に代わり、「ジャパンラグビー リーグワン」が1月7日に開幕する。日本がベスト8に入った、2019年ワールドカップの盛り上がりを引き継ぎ、発展させるのが目的だ。

これまでラグビーは企業スポーツとして行われてきたが、段階的にプロ化を進めていく。まず、リーグ主催だった試合がチーム主催となり、運営やチケット販売を行っていく。チーム名に地域を入れ、地域とのつながりを深める。

一歩先を進むのは「ヤマハ発動機ジュビロ」から生まれ変わった「静岡ブルーレヴズ」だ。ヤマハ発動機の100%子会社として設立され、リーグワンでは「東芝ブレイブルーパス東京」「釜石シーウェイブスRFC」と3チームだけ運営会社が独立法人となった。プロバスケットボール「茨城ロボッツ」運営会社の前社長・山谷拓志氏が社長に就任。「10年後に世界一のビッグクラブになる」と掲げた。現在、世界トップはフランス「トップ14」のチームで年間約40億円規模とのことだ。

静岡ブルーレヴズは独立した法人にしたことと、チーム名に企業名を入れなかったことで、地元企業やこれまでヤマハとの関係で難しかった企業もスポンサーになった。スポンサー営業は順調で、目標を当初比2倍に上方修正した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内