有料会員限定

研究力を決める大学人材 名物教授招聘で強化も

印刷
A
A

研究予算が限られる中、私大の研究力は優れた人材によって支えられている。

特集「早慶上理・ MARCH・関関同立」の他の記事を読む

「研究力がないと、海外の大学からは相手にしてもらえない」。明治大学の大六野耕作学長が痛感するように、海外での評価を高めるには研究力のアップが不可欠だ。世界大学ランキングも、引用論文数や研究者の評判などの評価ウェートが高い。

しかし私立大学の場合、研究力の向上は簡単ではない。社会科学系、人文系といった文系学部中心の大学が多いことと、国立大学に比べて大学院進学者が少なく、使える予算の額も多くないことが理由だ。

研究力を測る指標の1つである科学研究費補助金の採択件数を見ても差は歴然だ(下表)。上位は東京大学を筆頭に旧帝国大学などの国立大が占めている。私大は慶応義塾大学が10位に入るが、件数は東大の4分の1で、金額は2割に満たない。慶応以下の大学はさらに金額が低くなる。

大規模研究主導者も

そんな中、大きな研究を進めている私大もある。そのカギを握るのが優れた研究人材だ。

国が募集する先端研究プロジェクトに採択されると、巨額の予算を得られ、大きな研究プロジェクトを行うことができるが、国立大の研究者に交じり、私大の研究者が奮闘している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
早慶上理・ MARCH・関関同立
13大学出身の社長・代表者を紹介
国立大に劣ることはない?
キャリア |「学歴重視」はまだまだ根強い?
学生確保のため校数増加
受験 | 入試の特徴から読む
受験生の志向は?
学長が語る|立命館大学 学長 仲谷善雄
学長が語る|関西大学 学長 前田 裕
関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学
学長が語る|関西学院大学 学長 村田 治
学長が語る|同志社大学 学長 植木朝子
明治大学
学長が語る|明治大学学長 大六野耕作
青山学院大学
学長が語る|青山学院大学学長 阪本 浩
立教大学
総長が語る|立教大学総長 西原廉太
中央大学
学長が語る|中央大学学長 河合 久
法政大学
総長が語る|法政大学総長 廣瀬克哉
名物教授招聘で強化も
東京理科大学
理科大トップが語る|東京理科大学 学長事務取扱 岡村総一郎
上智大学
学長が語る|上智大学 学長 曄道佳明
総長が語る|早稲田大学 総長 田中愛治
塾長が語る|慶応義塾大学 塾長 伊藤公平
早稲田大学
慶応義塾大学
独自診断
学部序列|上位校はさらに難しく
早慶上理・MARCH・関関同立
早慶上理・ MARCH・関関同立
私大トップ13校 次の戦略
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内