有料会員限定

安保の新枠組み創設で生じた米国の大誤算 フランスを中心とした欧州の対中融和政策を招く可能性も

印刷
A
A

米国が対フランス政策で大失敗を犯した。フランスは、米国とオーストラリアに対して怒り心頭に発している。〈米英豪による安全保障協力の新枠組み「AUKUS(オーカス)」の創設をめぐり、フランスが豪州と結んでいた潜水艦の建造契約が破棄されたとして、ルドリアン仏外相は(9月)17日、抗議声明を発表し、米豪に駐在する自国大使を直ちに本国に召還することを明らかにした。同盟国との連携を柱にする米バイデン政権の対中戦略が揺るぎかねない状況だ。/AUKUSはインド太平洋地域での中国への対抗を念頭に置いたもので、バイデン政権が15日に創設を発表した。豪州への原子力潜水艦技術の提供が最初の取り組みの目玉政策だった。/ルドリアン氏は声明で、大使召還はマクロン大統領からの要請だと強調し、米国の原潜技術供与は「受け入れがたい」と強く非難した。米豪の対応は「同盟関係や、欧州にとってのインド太平洋地域の重要性という考え方そのものに関わってくる」と警告。米仏の両国関係やインド太平洋地域をめぐる協力関係に悪影響を与えるとの見方を示した〉(9月18日「朝日新聞デジタル」)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内