有料会員限定

皇室を「観光資源化」する菅氏の真意 皇室施設の一般公開通年化などを進めてきた

印刷
A
A

皇室の財産を国民に広く公開することに意義はあるが、狙いはそれだけか。

東京五輪の開会式に臨席された天皇陛下と、菅首相ら(ロイター/アフロ)

ともあれ、第32回夏季五輪東京大会は8月8日に終わった。すなわち、菅義偉首相が執着した「安心・安全に終える」ことはかなったのだ。

ただ、想起すべきこともある。それは新型コロナウイルス禍の中で行われた7月23日の開会式での「出来事」である。

56.4%の高視聴率(ビデオリサーチ調べ)だった開会式をテレビ中継で見ていた読者は多かったと思う。だが、視聴しながらも違和感を覚えたのではないか。

大会名誉総裁である天皇陛下は同日午後11時13分、「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」と、14秒の開会宣言を発せられた。ところが、起立された天皇がお言葉を始められたのに、左隣に着席する菅首相は起立しなかった。その左隣の小池百合子東京都知事が瞬時、気付いて菅氏に目配せして両氏は二拍遅れで起立したのである。この映像を目の当たりにした国民、とくに若い世代が翌日未明からSNS(交流サイト)に「陛下とともに起立すべきだった」「不敬ではないか」と批判の書き込みを始め、そして炎上した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内