20年は中国への石炭輸入が急減 政府による引き締め政策の影響

印刷
A
A

「中国が2020年に海上輸送を通じて輸入した石炭は約2億4000万トンと、前年比15%減少した」。海運業情報サービス会社の億海藍は、21年1月に発表した年次リポートで、輸入石炭量を公表した。

海上輸送による中国の石炭輸入は20年1~4月には前年同月比で平均15%増加していたが、5~11月には7カ月連続で減少、前年同月比の平均減少率は30%に上った。だが12月は再び輸入が増加に転じ、前年同月比15%増となった。

石炭の2大輸入相手国であるインドネシアとオーストラリアの減少幅が目立った。20年のインドネシア炭の輸入量は1億3000万トンと前年比19%減少、オーストラリア炭も同6805万トンと同じく19%減少した。

20年5月から石炭輸入が減少に転じたのは、中国政府による引き締め政策の影響だ。ある華北地方の石炭輸入業者は、20年5月12日に政府関係部門からの通達を受け取り、「月間輸入量の既定の上限枠を厳格に守るよう指示された」と語った。さらに、20年10月に中国政府がオーストラリア炭の輸入制限を指示。20年12月の同輸入量は前年同月比93%も減少した。

しかし冬期の暖房シーズンを迎えて、石炭輸入の引き締めを見直す動きが出ている。中国国家発展改革委員会は20年12月、石炭の需給バランスに応じて「輸入量を適切に増やす」との方針を表明した。

(財新記者:白宇潔、原文の配信は1月6日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内