世界最大のメディアに変貌、急成長する20億人経済圏 Part1 知る|経済圏に群がる人々とカネ

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18
拡大
縮小

創業から15年、いまだ破竹の勢いで伸びるユーチューブの求心力の源泉を探る。

(Photo by Christian Wiediger on Unsplash)

特集「YouTubeの極意」の他の記事を読む

月間ユーザー数20億人、1日当たりの視聴は10億時間、投稿動画の量は毎分500時間。膨大な数のユーザーと動画を抱え、今やメディアとして世界最大の規模を誇るのが、米グーグル傘下の動画共有プラットフォーム「YouTube(ユーチューブ)」だ。

ユーチューブは2005年、米決済大手ペイパルの出身者3人が共同で創業。徐々に存在が知れ渡るにつれ、テレビ番組やミュージックビデオなどの動画が投稿されるようになった。日本のテレビドラマやバラエティー番組なども多数投稿され、06年には日本国内の利用者が200万人を超えた。

そして06年11月、自社の動画サービスが伸び悩んでいたグーグルが約16億ドル(当時のレートで約2000億円)で買収した。投稿動画の著作権侵害を訴えたメディアやレコード会社とはライセンス契約を締結。グーグルの広告事業と一体となって広告主を開拓し、ネットの動画広告の成長を牽引した。

さらに、07年には動画の再生回数などに応じて投稿者が広告収入を得られる「パートナープログラム」を開始。動画投稿で稼ぐ「ユーチューバー」が登場するなど、まさに社会現象になった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
YouTubeの極意
使い方を守れば子育てに有効
凝るならカメラよりマイク
農水省ユーチューバー「BUZZ MAFF(ばずまふ)」
自社の資産・才能をフル活用
あの企画はこんな仕掛け
Part2 稼ぐ|企業の徹底活用術
終わらない“いたちごっこ"
運営サイドに課題も?
インタビュー/はじめしゃちょー、UUUM 社長CEO 鎌田和樹
ユーチューバーの退所・移籍が相次ぐ理由
「MV置き場」以外の活用法も登場
過熱するゲーム実況
任天堂のゲームも人気タイトルに
広告一辺倒の時代は終わった
社会人も続々受講
インタビュー/ユーチューブ 最高ビジネス責任者 ロバート・キンセル
YouTubeの極意
マーケティングの最強兵器
世界最大のメディアに変貌、急成長する20億人経済圏
Part1 知る|経済圏に群がる人々とカネ
Part3 使う|個人の使い方
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内