有料会員限定

誹謗中傷の深刻問題 運営サイドに課題も?

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

一度投稿された誹謗中傷コンテンツの削除は簡単ではない。

著名ユーチューバー、マックスむらい氏のある動画に投稿されたコメント

特集「YouTubeの極意」の他の記事を読む

「ニュースで自分の会社の事件が報道されるや、僕を犯人扱いするユーチューブ動画やコメントが多数投稿された。もう、笑うしかなかったですよ」

ゲーム実況などで人気を博したユーチューバー、「マックスむらい」こと村井智建氏は、自身が経験してきた中でも最悪の炎上経験についてそう振り返る。

事は2015年12月、村井氏が創業した情報サイト・AppBankが上場した2カ月後に発覚した横領事件に始まる。実際の犯人は別の役員で村井氏は無実だったが、それが公表されてからも攻撃的なコメントは続いた。

「僕のアンチの人たちは『むらいは真っ黒』『タックスむばらい』なんて好き勝手にたたいてくる。殺害予告もあった。たたく側は、テレビの前で野次を飛ばすようなカジュアルな感覚なのかもしれない。だがネットでは、言葉の威力が1000倍になる」(村井氏)

SNS上での誹謗中傷が問題視されているが、ユーチューブでも被害は後を絶たない。総務省が7月に公表したユーチューブの親会社・米グーグルへの聞き取りによると、19年下半期に嫌がらせやネットいじめ、ヘイトスピーチに該当するとして一般の利用者から削除を依頼され、同社が受理したコンテンツは477件あった(全世界、ユーチューブ以外のグーグルのサービス含む)。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
YouTubeの極意
使い方を守れば子育てに有効
凝るならカメラよりマイク
農水省ユーチューバー「BUZZ MAFF(ばずまふ)」
自社の資産・才能をフル活用
あの企画はこんな仕掛け
Part2 稼ぐ|企業の徹底活用術
終わらない“いたちごっこ"
運営サイドに課題も?
インタビュー/はじめしゃちょー、UUUM 社長CEO 鎌田和樹
ユーチューバーの退所・移籍が相次ぐ理由
「MV置き場」以外の活用法も登場
過熱するゲーム実況
任天堂のゲームも人気タイトルに
広告一辺倒の時代は終わった
社会人も続々受講
インタビュー/ユーチューブ 最高ビジネス責任者 ロバート・キンセル
YouTubeの極意
マーケティングの最強兵器
世界最大のメディアに変貌、急成長する20億人経済圏
Part1 知る|経済圏に群がる人々とカネ
Part3 使う|個人の使い方
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内