コロナ時代を生きる術 Part1 集中講義

印刷
A
A

(imagenavi)

特集「コロナ時代の新教養」の他の記事を読む

不安が渦巻くコロナ禍において、私たちに必要なのは「教養」ではないだろうか。そんなテーマで各分野の識者に誌上での「集中講義」をお願いした。

大ベストセラー『国家の品格』著者で、数学者の藤原正彦氏は、これまで現代の教養のあり方を積極的に提言してきた。今回は第1講に登場し、コロナ時代と教養との関係をビジネスパーソンにもわかりやすく解説してくれる。

第2講は現在、新書『還暦からの底力』が大きな反響を呼ぶ出口治明氏。ライフネット生命保険創業者であり、1万冊を超える読書歴や歴史への造詣の深さでもよく知られている。2018年には立命館アジア太平洋大学(APU)学長にも就任した。今、日本一忙しい「知の巨人」である。

大前研一氏、内田樹氏や京都大学総長の山極寿一氏などウィズコロナ、アフターコロナの世界を語ってきた論客たちもこの講義の教壇に立つ。いずれも歯応えのある内容ばかりだ(飯島氏、黒崎氏は寄稿)。

政治・経済、歴史、哲学、宗教、社会……。今注目される第一級の論客たちが一堂に集う、集中講義にぜひ参加していただきたい。

週刊東洋経済 2020年8/8・15合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ時代の新教養
教養としてのSF小説
「既成概念への疑義」を読む
読書|新しい社会のヒント
読書|人間と環境のあり方とは?
読書|リアル書店で出合った本
Part3 最強読書|本で教養を身に付けよ
写真のリサイズソフトを作ろう
エクセルVBAで業務効率化
コロナ時代の英語術2| オンラインサービス活用法
コロナ時代の英語術1 |ビジネスに効く心得とコツ
3つのチェックポイントで読み解く
インフォデミックを乗り越えろ
代表的なオンライン学習サービス
Part2 独学習慣|オンラインで学ぼう
アフターコロナの岐路
70人の経営者・スペシャリストが語る
第9講 人間関係|ゴリラに学ぶコミュニケーション
第8講 社会|新自由主義が終焉
第7講 宗教|問い直される存在意義
不安や疑問に応える
第6講 哲学|コロナ時代を思索する
第5講 経営|ビジネスリーダーの心得
第4講 歴史|疫病史観の知見
第3講 政治・経済| 生きるために『資本論』を読め
第1講 概論|教養を手に入れ世界を回す
本で得た知識は生きる
第2講 読書|ステイホームの今こそ読書を
コロナ時代を生きる術
Part1 集中講義
コロナ時代の新教養
激変する時代を生き抜く武器を身に付けよう
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内