有料会員限定

サウジ、ロシア経済に打撃 原油|協調減産開始でも、膨大な需給ギャップ

印刷
A
A

貯蔵スペースが枯渇し、再暴落の可能性も。産油国は経済危機に直面。

原油価格暴落に見舞われるサウジアラビア国営石油会社の製油所(ロイター/アフロ)

特集「コロナ異常経済」の他の記事を読む

4月20日に史上初のマイナス価格(1バレル当たりマイナス37.63ドル)をつけたニューヨーク原油先物価格(WTI)は、OPEC(石油輸出国機構)およびロシアなどOPEC非加盟産油国(合わせてOPECプラスと総称)による協調減産の開始を背景に、5月に入って20ドル台に値を戻している。

とはいえ、新型コロナウイルス感染拡大による原油需要落ち込みの影響は大きく、巨大な需給ギャップを抱えたまま、原油在庫が積み上がる状況が続いている。

5月1日に始まったOPECプラスの協調減産では、6月30日までの2カ月にわたり、日量970万バレルの原油生産量を削減する。「OPECプラス各国の減産率は一律23%(メキシコは6%)」(石油エコノミスト)とされており、過去にない規模だ。さらに、米国などOPECプラスに含まれない国での減少分も上乗せされる。

しかし、世界規模での都市封鎖、生産活動停止によって失われた需要が5月以降にどこまで回復していくかは未知数だ。日本エネルギー経済研究所の小山堅・首席研究員は足元の原油の需給ギャップについて、「産油国による減産実施後でも、(2019年の平均生産量の約10%に相当する)日量1000万バレル前後も存在するとみられる」と指摘。そのうえで「協調減産の実際の規模、都市封鎖の解除や緩和による需要の回復幅とも、不透明な部分が多く、需給ギャップの実態は見えにくい」という。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ異常経済
「背中を押される形でITの活用が加速する」
インタビュー/IIJ会長 鈴木幸一
医薬品|治療薬・ワクチンの開発が急ピッチ
食品・飲料|売れ行き好調で品不足も
証券|コロナ相場で売買は活発
銀行|資金需要はリーマン超え
生保|職員23万人が営業を自粛
商社|原油価格の急落でダメージ
建設|相次ぐ現場の閉所
鉄鋼|自動車・建設向けの需要が急減
インタビュー/フロンティア・マネジメント 代表取締役 松岡真宏
スーパー|外出自粛が追い風に
IT・ネット|アプリやECの需要は拡大
インタビュー/マネックスグループCEO 松本 大
電子部品|期待の5G需要にも暗雲
自動車|体力消耗戦に突入
鉄道|移動制限で乗車率が急落
航空|海外で相次ぐ経営破綻
ホテル・商業施設|テナント賃料減額が相次ぐ
第2部 震える決算
「焦点は資金繰り支援、銀行は真価を発揮せよ」
インタビュー/金融庁長官 遠藤俊英
原油|協調減産開始でも、膨大な需給ギャップ
EU分裂の危機再燃
生産再開は進むが外需下振れリスク
3兆ドル財政出動でも限界露呈
GDPは?株価は?為替は?エコノミスト18人緊急アンケート
コロナ後の経済はこうなる/BNPパリバ証券チーフエコノミスト 河野龍太郎
コロナ後の経済はこうなる/慶応大学法学部教授 細谷雄一
コロナ禍の世界経済
第1部 経済大撃沈
コロナ異常経済
未曾有の長期停滞時代に突入
通信|時短営業で端末販売減少
中長期リスクは?社会変化は?エコノミスト18人緊急アンケート
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内