有料会員限定

これだけは知っておこう!AI活用への基礎知識 技術などの要諦はこうなっている

印刷
A
A
(Zenzen/PIXTA)

特集「AIを使いこなす人材になる」の他の記事を読む

簡単にAIを作れるサービスがあっても、使いこなす前提となる知識がなければ持て余してしまう。ここでは、AI人材を目指すビジネスパーソンが知っておくべき基礎を解説する。

そもそもAIというのは概念であり、言葉の定義が曖昧だ。「人間と同じような知能を持つ機械」「知能を作る技術を搭載した機械」「知能があるように見える機械」など、状況によって意味が異なることが少なくない。

そこで生まれたのが「強いAI」「弱いAI」という考え方だ。実際に人間のような知能を持つものを強いAI、知能があるように振る舞うだけのものを弱いAIと呼んでいる。似たような概念に「汎用型AI」と「特化型AI」というものもある。汎用型AIは、単体で人間と同じようにどんな作業でもこなせるAIのことだ。特化型AIは「掃除ができる」「将棋を指せる」といったように、特定の作業に限って人間と同等以上にこなせるAIのことを指す。知能ではなく「何ができるか」に焦点を当てた概念だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内