自作に挑戦 1 成約確率が高い顧客のリストをつくる Part1 AIを操る 無料かつプログラミング不要、AIを自作してみよう

印刷
A
A
(asaya / PIXTA)

特集「AIを使いこなす人材になる」の他の記事を読む

プログラミングのスキルがなくても扱えるAI作成ツールの中には、無料で使えるものもある(ただし期間や機能などに制限あり)。ここではソニーネットワークコミュニケーションズが提供する「Prediction One(PO)」を利用して、AIを自作しよう。(公式サイト https://predictionone.sony.biz/

想定するビジネスの課題は、営業を効率的に行うことだ。そのために過去の実績データを学習させたAIを作って、成約確率が高いと見込まれる顧客を予測させ、有望顧客リストを作成する。

はじめにAIの開発環境を整える 1 。POをパソコン(対象OSはウィンドウズ8.1、10)にインストールして起動し、プロジェクトを作成する。必要なデータがそろった成約予測のチュートリアルがPOに用意されているので、それをプロジェクトに用いる。ここでは扱わないが、自分でデータを準備すれば独自のAIも作れる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内