有料会員限定

AI先駆企業に学ぶ現場への正しい導入方法 キユーピー、佐川急便、ティファナ・ドットコム

印刷
A
A

企画を作成するためには、自分でゼロからアイデアを考える作業に加えて、ビジネスの現場に導入されている事例を知ることも大いに役立つ。

まず押さえておきたいのが、現状のAIは機能別、役割別に分類できるということだ。機能別では識別系、予測系、会話系、実行系(物体を動かす)の4タイプ、役割別では人間ができることをAIが代わりに行う代行型と、人間ができないことをAIによってできるようにする拡張型の2タイプがある。事例の多くは、それらを組み合わせた4×2=8つのどれかに当てはまると考えてよい。

ここでは8つの分類を踏まえながら、導入済みの事例を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

特集「AIを使いこなす人材になる」の他の記事を読む

キユーピー|識別系×代行型

精度100%の検査装置

マヨネーズやドレッシングなどの調味料で最大手のキユーピーは、グループ内で製造するベビーフードの原料検査に「識別系×代行型」のAIを活用している。サイコロ状にカットされたジャガイモの不良品を、ディープラーニングによる画像解析ではじくシステムを開発し、2018年に導入した。19年2月からはほかの原料にも対象を広げている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内