さまよえる患者たち 「財新」特約 疫病都市 第5回

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小
1月22日、武漢赤十字病院の発熱外来に押し寄せる患者(写真:財新)

特集「「財新」特約 疫病都市」の他の記事を読む

※前回『第4回 罪深き「空白の20日間」』から読む

1月20日、武漢市衛生健康委員会は公式ウェブサイトを通じて、全市の医療機関の発熱外来および新型肺炎の治療に当たる指定病院のリストを公表した。その数は発熱外来が全市に61カ所、指定病院が市街地区に3カ所だった。

さらに21日、武漢市当局は発熱患者を収容する病院を7カ所指定し、体温が37.3度を超える患者はそこで集中的に診療すると発表。同時に、前日に公表した61カ所の発熱外来はいかなる理由があれ休診してはならず、症状に応じたトリアージ(優先治療)の判断や通常の発熱患者の診療を継続するよう求めた。

だが、もう手遅れだった。現実は当局の想像力をはるかに超えていたのだ。

当年69歳の武漢市民の謝作良は、(新型コロナウイルスの感染源とされる)華南海鮮市場へ行ったことはなかった。だが、1月18日午前に漢口へ写真展を見に出かけ、その夜から熱が出た。翌日病院へ行くと、肺にウイルス性感染があると告げられた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内