医師たちへの箝口令 「財新」特約 疫病都市 第2回

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
新型コロナウイルスの主な感染源とされる華南海鮮市場。武漢の繁華街に位置する(写真:財新)

特集「「財新」特約 疫病都市」の他の記事を読む

>>前回『第1回 封鎖された1100万人都市』から読む

感染症の専門家チームによる調査分析から、新型コロナウイルスの由来はコウモリだと考えられている。だが2019年12月の新型肺炎の発生直後、現場の医師たちは見えない脅威に対する異常な緊張状態に置かれていた。

「われわれの病院は(新型肺炎の発生地と見られていた)華南海鮮市場までそう遠くないが、武漢中心病院の後湖分院や武漢赤十字病院、湖北新華病院はもっと近い。新型肺炎の患者を一番早く診察したのは、これらの病院の医師たちだった」

武漢協和病院の感染症科の主任医師である趙雷は、そう回想する。

協和病院の発熱外来は、趙が所属する感染症科が担当していた。彼の不確かな記憶によれば、科の同僚が初めて診察した新型肺炎患者はやはり華南海鮮市場の関係者だったという。

「複数の医師が立ち会う診察の時も、この患者の病状は特別だと感じた。ウイルス性肺炎による病変が見られ、肺の大部分にすりガラス状の影が広がっていた」

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内