院内感染と「奇妙な規定」 「財新」特約 疫病都市 第3回

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
印刷
A
A
1月24日、武漢赤十字病院で励まし合う看護師たち(写真:財新)

特集「「財新」特約 疫病都市」の他の記事を読む

※前回『第2回 医師たちへの箝口令』から読む

医療関係者への新型コロナウイルスの感染はどこまで広がっているのか。湖北新華病院の放射線科医の李雲華には詳しいデータはわからなかったが、彼が現場で見聞きするケースはますます増加していた。

例えば健康診断科のある医師は、感染者だった疑いのある来客と30分ほど接した後、すぐに肺への感染が判明した。ウイルスに感染した1人の歯科医からは、歯の治療に訪れた2人の放射線科医へと伝播した。

これらの事実は、呼吸器内科など感染リスクがもともと高い科だけでなく、院内感染があらゆる部門に広がっていることを示していた。

1月29日までに、新華病院で働く900人余りの医療関係者のうち「新型コロナウイルスに感染した疑いがある例は30人を超えた」。李は財新の記者にそう明かした。

同じ頃、新華病院からそう遠くない別の大型総合病院で、1人の放射線科医がCT画像に写ったすりガラス状の影を注意深く見つめていた。劉力という名のこの医師は、2019年12月30日に「SARS(重症急性呼吸器症候群)に似た患者が現れた」との情報を見た翌日からマスクを着用し、同僚たちにも注意を促していた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内