有料会員限定

キーエンスは30年前から凄い会社だった 「客から仕様の注文があったら、もう遅い」

印刷
A
A
「週刊東洋経済」1988年2月13日号

特集「覧古考新」の他の記事を読む

業績好調に加え、株式分割で配当が実質2倍になったキーエンスの株価が急伸している。12月13日終値ベースの時価総額は9.7兆円。いまやソニーの9.4兆円、ソフトバンクグループの9.1兆円を抜き去り、日本企業4位である。トヨタ自動車(25.4兆円)の背中はかなり遠いが、2位、3位の親子上場会社(NTT=10.9兆円、NTTドコモ=10.0兆円)をごぼう抜きする可能性は高そうだ。つまり、キーエンスが日本で2番目の時価総額になる日が迫っているのである。
キーエンスは投資家への情報公開に前向きではない。そのため内実は秘密のベールに包まれている。が、かつて創業者の滝崎武光会長(当時は社長)は本誌取材に複数回登場。シャープな経営理念を明確に語っている。驚くべきは、その理念が30年後の今もいささかも変わっていないことだ。
今回紹介するアーカイブ記事には滝崎氏より1歳年長の日本電産・永守重信社長も登場する。2人とも40代半ばの若さである。上場後の日本電産はM&Aにより果敢に企業規模を拡大させ、時価総額は現在4.6兆円。25位に付けている。円高不況などの影響でベンチャー倒産が相次ぎ、「ベンチャー不毛」といわれた時期に潰れなかった2社のユニークさを描き出した梅沢正邦記者の記事から、成長を続ける企業に共通した特徴を学べるはずだ。

「潰れないベンチャー」の秘密

・「ベンチャーの星」が次々に倒れて2年、久々の大型ホープ登場
・経営方式は両極端。が、ともに「会社を絶対潰さない」が大前提
・営業力と、トップの「私」の抑制。これがなければ会社は潰れる

 

キーエンスの決定的瞬間だった。1988年1月18日、午後1時44分。この瞬間、キーエンスは任天堂を抜いて「株価日本一の座」に就いた。株価8340円。任天堂に辛くも40円差をつけて奪い取った王座である。

しかし、キーエンスとは一体、何者?――大半の読者の疑問ではあるまいか。それも当然。キーエンスは光電スイッチやレーザー測定器などFAセンサーのメーカーだが、大証2部に上場したのは昨(1987)年10月。現在のキーエンスに社名変更したのは1986年10月、前身のリード電機を滝崎武光社長が創業したのは1972年3月だ。世間に名を知られる間もないうちに、「日本一」にのし上がってしまったのだ。

「到達感? 株価水準についてはなんとも言えません。株価よりも、総資本経常利益率で日本一になったことが第1の到達感。総資本経常利益率は会社の大きなハカリ。それをよくしようとやってきた。偶然で出来るものじゃない」(滝崎社長)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内