有料会員限定

本田宗一郎「うちのセールスマンはお客さん」 ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学

印刷
A
A
「東洋経済新報」1954年11月13日号

特集「覧古考新」の他の記事を読む

1954年11月13日号の本田宗一郎氏へのインタビューをお届けする。世界のホンダもこの時は、まだ創業8年。バイクの販売で急成長している時のインタビューである。「乏しい金を有効に活かすためには、まず何より、時を稼ぐこと」「うちのセールスマンは、給料を出さないお客さんなんです。このセールスマンを育てるには、品物を育てなければならぬということです」「エンジン屋はエンジンばかり、オートバイ屋だからおまえはオートバイしかできないというような考え方が、そもそも間違っているんだ」など今も古びない金言が散りばめられている。

精度の向上こそ発展の鍵

まず時を稼ぐ

 御社は、短期間に急速に発展し、大きな工場も建設されておられるのですが、今日この頃では不況のために競争も激しくなっています。この際、おたくでは、どのような対策を講じておられるのですか。

 不況不況といっても、一般の需要はあるんです。新たに需要層をひろめるものは、商品の質です。うちがいままで次から次へと手を拡げて来たことは、一見無謀に見えますが、同じ製品で、自分のところの製品はここだけが違うという自信がない限り工場の拡張はやらなかったはずです。

何しろオートバイは新しい事業で戦後急に伸びたものですから、玉石混淆があったといえるのではないかと思う。

 小資本ながら、おたくが、そのような業界に処してきた根本的な行き方は……。

 日本人は、とかく金がなければ何も出来ないと考えがちですが、それでは、中小工業は何時までたっても浮かび上れない。乏しい金を有効に活かすためには、まず何より、時を稼ぐことです。タイムリーに稼ぎ、乏しい金も、大きく活用する。ということは、同時に、末端消費者あっての我々メーカーなのですから、お客のその時時の需めにピッタリ合った商品をつくることでもある。仕事は、そのよいアイデアと時をうまく稼げば、やってゆける。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内