東西で"次世代"新幹線が登場 「進化する乗り心地」の最前線 JR東日本とJR東海の秘密兵器

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

新幹線に新たな車両が登場した。飛行機とは違う魅力で利用者増を狙う。

ALFA-Xは北東北を中心に試験走行中(撮影:村上 悠太)

特集「新幹線 vs. エアライン」の他の記事を読む

JR東日本の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」と、JR東海の新形式「N700S」。新たな新幹線が2つも登場し、写真家としては大忙しの日々が続く。試験走行の様子をカメラに収めていると、搭載された新技術の裏側にどのような意図が隠されているのか知りたくなる。そこで、素朴な疑問を車両開発担当者にぶつけてみた。

投入の目標は国内最速時速360㎞の営業運転

まずアルファエックスだ。2030年度に予定される北海道新幹線札幌開業も視野に入れ、北東北で試験運転を繰り返している。

東北新幹線の主力車両E5系は日本最速となる時速320キロメートルでの営業運転を行っているが、アルファエックスにはこれを時速360キロメートルに引き上げるという狙いがある。その試験結果が、将来開発される営業車両に生かされる。

航空機が圧倒的シェアを誇る東京と札幌を結ぶ空路に新幹線が挑む。最高速度という具体的な数値で利用者にアピールするのは確かに効果的だ。とはいえ、スピードアップしても、周囲に騒音をまき散らしながら走るわけにはいかない。そのため、環境に与える影響について検証が必要となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新幹線 vs. エアライン
国際便の新規就航や増便に注力
JAL、ANAに続く第3の勢力
インタビュー/スカイマーク 社長 市江正彦
インタビュー/ジェットスター・ジャパン社長 片岡 優
海外は高速鉄道での検査も「常識」に
Part3 顧客囲い込みを急ぐエアライン|大手から4枠回収で政策枠は充実
数秒の積み重ねが、不可能を可能に
トンネルめぐりJR東海と静岡県が対立
インタビュー/静岡県知事 川勝平太
2度の乗り換えが必要に
Part2 新幹線が変える国土軸|東京─札幌「4時間半」実現への難所
新幹線と飛行機は「制服」も進化する
見栄えと機能性を同時に追求
利用客争奪戦にLCCも参入
新幹線のネット対応が不十分?
室内サービスではエアラインが一枚上手
東西で"次世代"新幹線が登場 「進化する乗り心地」の最前線
JR東日本とJR東海の秘密兵器
もはや「4時間の壁」は無意味
好立地なだけでなく豪華ラウンジも魅力に
Part1 空vs.陸 激戦の構図|新幹線「水没」で混乱
新幹線 vs. エアライン
国内交通の覇者はどっちだ?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内