糖尿病や動脈硬化を引き起こす厄介者 Part1 ビジネスパーソン「最大の敵」とどう向き合うか|内臓脂肪を落として若返り

印刷
A
A
(STUDIO250 / PIXTA)

特集「最強の健康法」の他の記事を読む

年齢を重ねるごとに、目立つようになるぽっこりおなか。周囲を見渡せば、みんなそれなりに「メタボ」だからと、見て見ぬふりをしていないだろうか。しかし「それは人生を半分捨てているようなもの」である。そう警告するのは、『内臓脂肪を落とす最強メソッド』の著者、池谷敏郎医師だ。自身も30代の頃は「ぽっこり体型」だったそうだが、50代の今は体脂肪率10%台とスリムな体に大変身。「40代、50代がいちばん体型に差が出る」と言う池谷医師から、ビジネスパーソンが取り組むべき、内臓脂肪の解消法を教えてもらった。

医師・医学博士 池谷敏郎(いけたに・としろう)池谷医院院長、医学博士。1962年生まれ、東京医科大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局、血圧と動脈硬化について研究。専門は内科、循環器科。97年に池谷医院理事長兼院長に就任。現在も臨床現場に立つ。著書多数。(撮影:今 祥雄)

内臓脂肪はなぜ問題か

体重の増減に一喜一憂している人もいるが、問題は体重より、体脂肪がどれぐらいついているか。肥満には全身に満遍なく脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」と、おなか周りを中心に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」がある。皮下脂肪型は女性に多く、腰から太ももにかけて脂肪がつく「洋梨型」体型になりやすい。一方の内臓脂肪型はおなかがぽっこりした「リンゴ型」体型で、男性に多く見られる。もちろん女性も、食事量と運動不足が過ぎると内臓脂肪がつく。男女とも、加齢とともに内臓脂肪がつきやすくなるのは間違いない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の健康法
肌の衰えは第一印象に大ダメージ
眠りの質を高めるコツをQ&A形式で紹介
エアウィーヴの睡眠セミナー
これで眠りは様変わり
Part3 よい眠りでパフォーマンスを上げよう|不眠症のウソとホント
健康ビジネス最前線|コクヨ
健康ビジネス最前線|ファンケル
今日からやろう! 首・肩に効く
男女とも大きな悩み
今日からやろう! 腰に効く
Part2 日々のビジネスに甚大な影響|腰・肩・首の痛みを解消
「健康」が経営のカギ|日立物流
「健康」が経営のカギ|タニタ
「健康」が経営のカギ|ココネ
「健康」が経営のカギ|Zホールディングス(ヤフー)
「健康」が経営のカギ|三菱ケミカルHD
今日からやろう! 肥満に効く
朝食と酒との正しい付き合い方
まず糖質を半分にしよう
糖尿病や動脈硬化を引き起こす厄介者
Part1 ビジネスパーソン「最大の敵」とどう向き合うか|内臓脂肪を落として若返り
最強の健康法
ビジネスに効く
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内