有料会員限定

香港・台湾、連鎖する危機 現地ルポ|中国への絶望と抵抗

印刷
A
A

大陸への不信からデモが過激化する香港。経済一体化が進めば、いずれ自由も奪われる。そのことへの恐怖は台湾社会にも広がる。

ゴミや身近な物でデモ隊が作った簡易バリケード

特集「中国 危うい超大国」の他の記事を読む

交差点の前で盾を構えて整列する警察の機動隊。それと対峙しているデモの群衆の中から青年たちが広東語で叫び出した。「みんな下がれ、警察が突撃してくるぞ」。両腕を挙げて、後ろに下がるよう手を振るジェスチャーに従い、デモ隊は徐々に後退。およそ1分後、警察の突撃が始まった。逃げ遅れたデモ参加者が警棒でたたかれ、次々と地面に押さえつけられて拘束されていった。

9月上旬の金曜日、香港の繁華街である旺角(モンコック)の夜は騒然としていた。夕方から徐々に人々が集まり出し、20時すぎにはデモ隊が旺角警察署を取り囲んだ。「悪徳警察!」「くたばれ!」聞こえてくるのは警察を非難する声。20代のデモ参加者は本誌記者に「市民を守る警察が市民を攻撃することが許せない」と訴えた。

バリケードに火をつけて機動隊の突進を止めている(上)。暴徒化したデモ隊は地下鉄の駅構内の券売機を破壊(中左)。デモ隊を銃器で威嚇する機動隊員(中右)。鎮圧開始前に集結する機動隊員(下)

9月4日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は事前収録したテレビ演説で市民の抗議活動の原因となった「逃亡犯条例」改正案を完全撤回すると表明した。犯罪者を中国本土に送還できるようにする内容で、共産党に批判的な人物が中国で処罰されることになる可能性が危惧された。3カ月にわたり、香港市民はデモなどで改正案の完全撤回を訴え、それが受け入れられた形となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中国 危うい超大国
次のBATはここだ!
ニューエコノミーの旗手たち
トヨタ、ソフトバンク、パナソニック、みずほ…
インタビュー/慶応大学 教授・ヤフー CSO 安宅和人
採算度外視の“焼銭"に市場は懐疑的
中国100強の通信簿(6)
中国100強の通信簿(5)
中国100強の通信簿(4)
中国100強の通信簿(3)
中国100強の通信簿(2)
中国100強の通信簿(1)
PART2 中国企業データ大全|成長性・規模・収益性を徹底分析
最強メディア「財新」が斬る!(1)
最強メディア「財新」が斬る!(2)
最強メディア「財新」が斬る!(3)
最強メディア「財新」が斬る!(4)
現地調査|100人アンケート&深圳ルポ
360度カメラを手がける起業家に密着
中国の持久戦に焦るトランプ大統領
GDPの逆転は近いが…
インタビュー/米ハーバード大学名誉教授 エズラ・ヴォーゲル
中国になびくわけではない
米中関係が悪くなると融和的に
現地ルポ|中国への絶望と抵抗
重慶ルポ「デジタル脱米」の野望
PART1 膨張中国がもたらす不安|進化する一帯一路戦略
中国 危うい超大国
建国100年へ膨張を続ける中国の野望
なぜ香港の若者はデモに参加しているのか
【プラスオリジナル】広がる「香港第一」の考え
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内