有料会員限定

“独角獣(ユニコーン)"100強を大解剖 次のBATはここだ!

印刷
A
A

イノベーションの最先端に惜しみなく投資する中国。最新の現地データを基にユニコーン企業を大図解。

[ランキング2位]日本でも大流行のTikTokはバイトダンスが運営

特集「中国 危うい超大国」の他の記事を読む

評価額1000億円以上の未上場新興企業を、幻の生き物に例えて“ユニコーン”(中国語で「独角獣」)と呼ぶ。日本ではプリファード・ネットワークスなど数社しかないとされるが、起業が盛んな中国には200社以上がひしめく。淘汰されても次々に生まれる独角獣の存在は、驚異的な速さで技術革新を遂げる中国のニューエコノミーの原動力だ。

本誌は中国の有力民間調査機関・胡潤研究院の協力を得て、2019年3月末時点のユニコーン企業202社の最新データを集計、図式化した。中国ユニコーンの特徴と分布を都市別に紹介したい。

中国のイノベーション都市といえば、近年は深圳のイメージが強いが、ユニコーンの企業価値ベースで見ると全体の8%にすぎない。首都・北京が40%と断トツで、長江デルタ地域の杭州と上海がそれぞれ25%、16%と、中国のユニコーン企業は珠江デルタ地域を含む3大都市圏に集中していることがわかる。

82社ものユニコーンを擁する北京には、動画共有アプリ「TikTok」やニュースアプリ「今日頭条(ジンリートウティアオ)」を開発した字節跳動(バイトダンス)や、配車最大手の滴滴出行(DiDi)など3000億~1兆元(約4.5兆~15兆円)級の規格外なスーパーユニコーンが本拠を置く。バイトダンス最大のライバルでテンセント系の快手も北京が本拠、ショート動画市場で熾烈な競争を繰り広げている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中国 危うい超大国
次のBATはここだ!
ニューエコノミーの旗手たち
トヨタ、ソフトバンク、パナソニック、みずほ…
インタビュー/慶応大学 教授・ヤフー CSO 安宅和人
採算度外視の“焼銭"に市場は懐疑的
中国100強の通信簿(6)
中国100強の通信簿(5)
中国100強の通信簿(4)
中国100強の通信簿(3)
中国100強の通信簿(2)
中国100強の通信簿(1)
PART2 中国企業データ大全|成長性・規模・収益性を徹底分析
最強メディア「財新」が斬る!(1)
最強メディア「財新」が斬る!(2)
最強メディア「財新」が斬る!(3)
最強メディア「財新」が斬る!(4)
現地調査|100人アンケート&深圳ルポ
360度カメラを手がける起業家に密着
中国の持久戦に焦るトランプ大統領
GDPの逆転は近いが…
インタビュー/米ハーバード大学名誉教授 エズラ・ヴォーゲル
中国になびくわけではない
米中関係が悪くなると融和的に
現地ルポ|中国への絶望と抵抗
重慶ルポ「デジタル脱米」の野望
PART1 膨張中国がもたらす不安|進化する一帯一路戦略
中国 危うい超大国
建国100年へ膨張を続ける中国の野望
なぜ香港の若者はデモに参加しているのか
【プラスオリジナル】広がる「香港第一」の考え
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内