有料会員限定

米中の間で揺れる韓国、夢は「自主外交」の確立 中国になびくわけではない

印刷
A
A

文在寅政権が標榜する自主外交。この言葉には危険な響きが伴う。

今年6月、大阪でのG20で撮影に臨む中韓のトップ(代表撮影/ロイター/アフロ)

特集「中国 危うい超大国」の他の記事を読む

2019年8月、韓国が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を発表した際、最も驚いたのは米国だった。一方、日本政府、とくに首相官邸では「おそらく破棄するだろう」という見方があった。GSOMIAは日米韓での軍事情報の共有の枠組み。同盟の中心である米国は、韓国が協定破棄に踏み切るとは想定していなかった。

韓国は、破棄が米国との同盟関係を毀損するものではないと考えた。ところが韓国はその後、米国政府から発表される「遺憾」や「失望」という声に驚くことになった。

在韓米軍をはじめ、韓国における米国の存在感は強い。それでも、経済面を中心に中国の存在感が増している。とくに輸出依存率の高い韓国にとっては、輸出先は中国がトップで輸出全体の4分の1を占める。

だからといって韓国が中国側に一気にすり寄るということはない。韓国は資本主義国であり、米国とは同盟関係にあるという現実は揺るがない。韓国軍の戦時作戦権は今でも米軍が持っている。中国は社会主義国であり、国の体制がそもそも違う。朝鮮戦争では銃火を交えたこともある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中国 危うい超大国
次のBATはここだ!
ニューエコノミーの旗手たち
トヨタ、ソフトバンク、パナソニック、みずほ…
インタビュー/慶応大学 教授・ヤフー CSO 安宅和人
採算度外視の“焼銭"に市場は懐疑的
中国100強の通信簿(6)
中国100強の通信簿(5)
中国100強の通信簿(4)
中国100強の通信簿(3)
中国100強の通信簿(2)
中国100強の通信簿(1)
PART2 中国企業データ大全|成長性・規模・収益性を徹底分析
最強メディア「財新」が斬る!(1)
最強メディア「財新」が斬る!(2)
最強メディア「財新」が斬る!(3)
最強メディア「財新」が斬る!(4)
現地調査|100人アンケート&深圳ルポ
360度カメラを手がける起業家に密着
中国の持久戦に焦るトランプ大統領
GDPの逆転は近いが…
インタビュー/米ハーバード大学名誉教授 エズラ・ヴォーゲル
中国になびくわけではない
米中関係が悪くなると融和的に
現地ルポ|中国への絶望と抵抗
重慶ルポ「デジタル脱米」の野望
PART1 膨張中国がもたらす不安|進化する一帯一路戦略
中国 危うい超大国
建国100年へ膨張を続ける中国の野望
なぜ香港の若者はデモに参加しているのか
【プラスオリジナル】広がる「香港第一」の考え
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内