有料会員限定

『精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ』 『「家族の幸せ」の経済学』ほか

✎ 1〜 ✎ 222 ✎ 223 ✎ 224 ✎ 最新
拡大
縮小

ナノの次は1兆分の1、飽くなき精密追求の歴史
評者・福井県立大学名誉教授 中沢孝夫

『精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ』サイモン・ウィンチェスター 著/梶山あゆみ 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Simon Winchester/英オックスフォード大学で地質学を学び、卒業後は資源会社で地質探査を担う。20代半ばでジャーナリストに転身、ガーディアン紙の特派員を務めた後、ノンフィクション作家に。『博士と狂人』『世界を変えた地図』『クラカトアの大噴火』など著書多数。

「精密さ」を追求し続けた“人類の”というか“工学の”歴史を、工作機械をはじめとして、具体的な技術開発や、その開発(発明)に取り組んだ人物の奮闘、時代背景とともに記した1冊。

精密さ、とは「許容される基準値との誤差」(公差)を限りなく小さくする営為である。

例えば、旋盤は古代エジプトで発明されたが、18世紀末に英国で開発された現代の工作機械の先駆の公差は0.0025ミリメートル(1万分の1インチ)であったという(むろん、公差を測る機器も開発されていた)。これは1マイクロメートル(100万分の1メートル、1ミクロン)の2.5倍だが、現代でも十分に通用する数値である。評者が1990年前後に、ものづくりの職場調査を始めたころ、ミクロンレベルの加工というのは精密さの代名詞であった。

しかし、今はどうだろう。著者は半導体の世界に読者を誘う。71年のインテル製マイクロプロセッサ内のトランジスタの幅は10マイクロメートル(髪の毛の太さの10分の1)であったという。それが85年には1マイクロメートルにまで下がり、現在では14ナノメートルとのことである。ナノは10億分の1。それが私たちの身近なコンピュータの小ささ、手軽さの基礎になっている。思い返してみれば、90年代初めのデスクトップパソコンは机上の多くを占めていた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内