有料会員限定

医師に流れる製薬マネーが患者への治療を左右する Part1 3つの罪|第1の罪・製薬会社と医師の深すぎる関係

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小

製薬会社から有力医師に流れ込む多額の金は薬の処方を歪ませる懸念がある。そんな医師に物を言えない薬剤師や、製薬会社丸抱えの講座を主催するメディアの罪も重い。

イラスト:関 祐子

特集「クスリの大罪」の他の記事を読む

数ある薬の中から、医師はどのようにして薬を選んでいるのだろうか。特効薬が1つしかない場合を除き、複数の選択肢の中で「この製薬会社の薬を使う」という判断は、医師の裁量による。

自社の薬を使ってもらうため、製薬会社は医師に対して日々営業活動をしている。日常的に行われているのが、薬の説明会だ。MR(医薬情報担当者)と呼ばれる営業担当者が、病院やクリニックで新薬の説明をするのだ。説明会ではたいてい3000円ほどの弁当が配られる。ランチ時や夕食時に医師が弁当を食べに来て、ついでに薬の説明も聞くという具合だ。

「弁当が薬の処方に影響するわけない」。多くの医師はこう言うだろう。だが、「2016年に発表された米国の研究では、2000円ほどでも食事の提供を受けると、宣伝された薬の処方率が高まると報告された。回数や金額が増えるほど、宣伝効果が高いという傾向までわかった」(前出の谷本哲也医師)。

現場の医師からは、「名前を聞いたことのある薬はつい使ってしまう」「新薬ならば一度は使ってみたくなるのが医師の心理」という声も上がった。弁当や食事そのものよりも、MRと接する機会の増えることが処方に影響していると考えられる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリの大罪
スイッチが進まない理由
風邪薬や痛み止めも要注意
気がついたら「薬漬け」に、精神医療の深すぎる闇
今も繰り返される悲劇
効果のない鎮痛薬を乱発、整形外科の意外な落とし穴
腰痛や肩こりから薬漬けに
フランスが見限った抗認知症薬
コレステロール値は下げるべき?
Part2 ムダな薬|多剤併用で深刻な副作用も
インフル新薬「ゾフルーザ」軽視された耐性ウイルス
情報発信に問題はなかったか
残業上限は過労死ラインの倍近くになっている
大手新聞社と製薬マネー、広告料目当てに「名義貸し」
第3の罪・メディアと製薬会社との蜜月
大転換期の薬剤師
第2の罪・医師に物言えぬ薬剤師
医師との「蜜月」は今は昔
Part1 3つの罪|第1の罪・製薬会社と医師の深すぎる関係
クスリの大罪
製薬会社・医師・薬局…知られざる癒着の構図
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内