有料会員限定

医師会はOTC化に反対、生活習慣病薬では難航続き スイッチが進まない理由

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

医療用から一般用に転換するスイッチ化。医師会には譲れない一線がある。

開業医を中心に17万人が加入する日本医師会(撮影:今井康一)

特集「クスリの大罪」の他の記事を読む

今年4月、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会で、大正製薬の高脂血症薬・エパデールTが、要指導医薬品から一般用医薬品第1類へ移行することが了承された。

エパデールTは2012年、生活習慣病を対象とした薬で初めて、医療用医薬品から、薬局・ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転換された薬だ。持田製薬が開発し、一般用医薬品の販売ルートに強い大正製薬が13年からOTC医薬品として販売している。これがようやく、販売条件の緩い第1類に移る。

要指導医薬品は医療用から移って間がない薬で、薬剤師による服薬の対面指導や文書での情報提供が必要だ。インターネットでの販売も認められていない。これに対して第1類は対面指導や文書での情報提供の必要はあるが、要指導医薬品と違い、店頭で客が自由に手に取れる場所に置け、ネット販売も可能である。一般用医薬品の多くは、販売条件がより緩い第2類、第3類だ。

OTC医薬品が増えれば、国民は医療機関に通院しなくても自ら薬を選択して購入できる。国としては健康保険への財政支援が減らせる。OTC医薬品を製造する製薬会社も市場拡大の恩恵に浴する。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリの大罪
スイッチが進まない理由
風邪薬や痛み止めも要注意
気がついたら「薬漬け」に、精神医療の深すぎる闇
今も繰り返される悲劇
効果のない鎮痛薬を乱発、整形外科の意外な落とし穴
腰痛や肩こりから薬漬けに
フランスが見限った抗認知症薬
コレステロール値は下げるべき?
Part2 ムダな薬|多剤併用で深刻な副作用も
インフル新薬「ゾフルーザ」軽視された耐性ウイルス
情報発信に問題はなかったか
残業上限は過労死ラインの倍近くになっている
大手新聞社と製薬マネー、広告料目当てに「名義貸し」
第3の罪・メディアと製薬会社との蜜月
大転換期の薬剤師
第2の罪・医師に物言えぬ薬剤師
医師との「蜜月」は今は昔
Part1 3つの罪|第1の罪・製薬会社と医師の深すぎる関係
クスリの大罪
製薬会社・医師・薬局…知られざる癒着の構図
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内