有料会員限定

規制強化や根強い不要論、逆風吹き荒れる「MR」の悲哀 医師との「蜜月」は今は昔

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小

医師への売り込みの尖兵として急拡大した製薬会社のMR(医薬情報担当者)。高給取りの代名詞だったが、リストラ危機に直面している。

イラスト:関 祐子

特集「クスリの大罪」の他の記事を読む

平成の時代に急拡大した製薬会社のMR(医薬情報担当者)は、令和の時代になった今、いよいよ正念場を迎えている。

「当時は毎週ゴルフでしたね」。平成初頭をMRとして過ごした製薬会社OBは遠い目で語る。お得意様である医師と週末はゴルフ、夜は宴席と接待に奔走。製品の能書きよりも「どうかお願いします」と頭を下げることに重きを置いていた。「酒に強くて体力があれば、それだけでよかった」(同)──。

あれからおよそ30年。MRを取り巻く環境がこうも一変すると誰が想像できただろうか。

MRといえば、病院の診療室の前にたたずむスーツ姿のビジネスパーソンがおそらくイメージされるだろう。ただ、製品紹介のために1分1秒でも医師と接点を持ちたいと何時間も粘るイメージは、もはや過去のものだ。最近では多くの医療機関がMRの「立ち入り規制」を設け、アポなしで入ることは難しくなった。ある病院関係者によれば、「病院の駐車場に止めてある車の中に、よくMRらしき人が乗っている」という。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリの大罪
スイッチが進まない理由
風邪薬や痛み止めも要注意
気がついたら「薬漬け」に、精神医療の深すぎる闇
今も繰り返される悲劇
効果のない鎮痛薬を乱発、整形外科の意外な落とし穴
腰痛や肩こりから薬漬けに
フランスが見限った抗認知症薬
コレステロール値は下げるべき?
Part2 ムダな薬|多剤併用で深刻な副作用も
インフル新薬「ゾフルーザ」軽視された耐性ウイルス
情報発信に問題はなかったか
残業上限は過労死ラインの倍近くになっている
大手新聞社と製薬マネー、広告料目当てに「名義貸し」
第3の罪・メディアと製薬会社との蜜月
大転換期の薬剤師
第2の罪・医師に物言えぬ薬剤師
医師との「蜜月」は今は昔
Part1 3つの罪|第1の罪・製薬会社と医師の深すぎる関係
クスリの大罪
製薬会社・医師・薬局…知られざる癒着の構図
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内