インフル新薬「ゾフルーザ」軽視された耐性ウイルス 情報発信に問題はなかったか

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

製薬会社は販売増を計画する。だが耐性ウイルスへの懸念は消えないままだ。

ほかの薬と違い1回の服用で済むことから、医療現場で歓迎された

特集「クスリの大罪」の他の記事を読む

新しい抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」。国内では2018年3月に塩野義製薬から発売され、治療効果が高いと評判の薬だった。ところが耐性変異株(耐性ウイルス)が高頻度で見つかり、このまま使用を続けてよいか疑問が生じている。

日本感染症学会は今年秋までにこの薬の新しい使用基準を策定する方向だ。使用をめぐり議論は当分収まる気配がない。

そもそも抗インフルエンザ薬に耐性ウイルスはつきものだ。そこで問題となるのは、①耐性株の出現率、②薬の効き目の低下、③耐性株の伝播力(広まる力)だ。

ゾフルーザをめぐる動きを時系列に従い説明しよう。

15年10月、厚生労働省はこの薬を、優先的に審査する「先駆け審査」対象に指定した。既存の薬と比べ、作用機序(薬が効果を及ぼす仕組み)が違ううえ、高い治療効果が見込めるためだった。17年10月に申請が行われ、18年2月に承認。そして翌月の3月に発売と、過去にない速さで進んだ。

ゾフルーザは1回1錠飲めば済むという使いやすさもあって医療現場に瞬く間に浸透した。「タミフル」や吸入式の「イナビル」などライバル薬を押しのけて、18年10月~19年3月の半年間での市場シェアは推定39%、一気に首位に立った。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
クスリの大罪
スイッチが進まない理由
風邪薬や痛み止めも要注意
気がついたら「薬漬け」に、精神医療の深すぎる闇
今も繰り返される悲劇
効果のない鎮痛薬を乱発、整形外科の意外な落とし穴
腰痛や肩こりから薬漬けに
フランスが見限った抗認知症薬
コレステロール値は下げるべき?
Part2 ムダな薬|多剤併用で深刻な副作用も
インフル新薬「ゾフルーザ」軽視された耐性ウイルス
情報発信に問題はなかったか
残業上限は過労死ラインの倍近くになっている
大手新聞社と製薬マネー、広告料目当てに「名義貸し」
第3の罪・メディアと製薬会社との蜜月
大転換期の薬剤師
第2の罪・医師に物言えぬ薬剤師
医師との「蜜月」は今は昔
Part1 3つの罪|第1の罪・製薬会社と医師の深すぎる関係
クスリの大罪
製薬会社・医師・薬局…知られざる癒着の構図
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内