有料会員限定

通勤ライナーの収益性は高い 今後も運行路線や運行本数は拡大していく

印刷
A
A

朝夕の混雑時も着席通勤できる「通勤特急」や「通勤ライナー」。パソコンで仕事ができる、ゆったりと睡眠を取れるなど、さまざまな形で移動時間を有効活用でき、利用者の人気が高い。先駆けは東武鉄道の「TJライナ…

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の通勤電車
「指差し確認」が世界に普及?
首都圏では6社連携 関西は最低限の機能
2018年度は「荷物の持ち方・置き方」が初めて首位
鉄道にも到来した自動運転の波
新技術|ホームドア設置、AI活用のメンテナンス…
都心各地で大規模工事が進行中
今後も運行路線や運行本数は拡大していく
「おおさか東線」が全線開業
首都圏の新線・延伸計画、実現が早いのはどの区間?
新線・再開発計画の実現度には濃淡
データで見る鉄道業界の格差
身動きできないストレスは1200億円?
通勤客1945人のアンケート回答
東京圏32路線「最強の通勤電車」はどこか?
1位は小田急線、「複々線化」で混雑がグンと緩和
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内