首都圏の新線・延伸計画、実現が早いのはどの区間? 新線・再開発計画の実現度には濃淡

印刷
A
A
2030年のあざみ野─新百合ヶ丘間延伸開業に向けて動き出した横浜市営地下鉄ブルーライン

特集「最強の通勤電車」の他の記事を読む

首都圏で鉄道の新線構想が相次ぐ。実現へ向けて先陣を切ったのは、郊外を走る地下鉄だ。

横浜市は1月23日、市営地下鉄ブルーラインの現在の終点、あざみ野駅(横浜市青葉区)から小田急線・新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)まで約6キロメートルの延伸を川崎市と協力して事業化すると発表した(下図)。

開業の目標は2030年。現在、両駅間はバスで約30分かかるが、地下鉄が開通すれば10分に短縮され、新百合ヶ丘から東海道新幹線との接続駅である新横浜へも乗り換えなしで行けるようになる。

延伸区間は横浜市内と川崎市内がほぼ半々。大規模な団地が広がる市境のすすき野付近などに4駅を設置する計画だ。事業費は概算で約1700億円。地方公共団体による補助分の430億円は両市が1:1の割合で負担する。累積収支が黒字転換するのは開業後30年前後の見込みだ。

都が基金を創設した「進めるべき」新線

同線の延伸は、16年に国の諮問機関である交通政策審議会が取りまとめた今後の東京圏の鉄道整備指針「第198号答申」の中で「両市が協調して合意形成を進めるべき」とされたプロジェクトだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の通勤電車
「指差し確認」が世界に普及?
首都圏では6社連携 関西は最低限の機能
2018年度は「荷物の持ち方・置き方」が初めて首位
鉄道にも到来した自動運転の波
新技術|ホームドア設置、AI活用のメンテナンス…
都心各地で大規模工事が進行中
今後も運行路線や運行本数は拡大していく
「おおさか東線」が全線開業
首都圏の新線・延伸計画、実現が早いのはどの区間?
新線・再開発計画の実現度には濃淡
データで見る鉄道業界の格差
身動きできないストレスは1200億円?
通勤客1945人のアンケート回答
東京圏32路線「最強の通勤電車」はどこか?
1位は小田急線、「複々線化」で混雑がグンと緩和
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内