有料会員限定

人身事故や施設トラブル、「遅れ」の原因は減らせるか 新技術|ホームドア設置、AI活用のメンテナンス…

印刷
A
A
自殺とみられる人身事故が一時期相次いだJR新小岩駅の総武快速線ホームに設置されたホームドア

特集「最強の通勤電車」の他の記事を読む

混雑と並んで通勤電車の利用者を悩ませる「遅れ」。とくに長時間の運転見合わせにつながりやすいのが、人身事故や鉄道施設のトラブルだ。

国土交通省が1月に発表した、東京圏45路線を対象とした2017年度の遅延調査結果によると、30分以上の遅れの理由のうち49.4%が「自殺」。車両故障や施設故障など、鉄道側のトラブルによる「部内原因」も約18%を占める。

人身事故が多発した駅とトラブルが相次いだ路線、それぞれの取り組みの現状を見た。

待望のホームドア設置で新小岩の汚名返上なるか

自殺とみられる人身事故が一時期相次いだJR新小岩駅(東京都葛飾区)。同駅の総武快速線ホームで昨年12月8日、待望のホームドアの運用が始まった。総武快速・横須賀線での設置はこれが初だ。

同駅では11年7月、通過中の特急「成田エクスプレス」に飛び込んだ女性がホームにはね飛ばされ、巻き添えでケガ人が出るという事故が発生して以降、人身事故が続発するようになった。JR東日本千葉支社によると、警察見解で自殺とみられる人身事故は08年から17年までの10年間で45件あったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の通勤電車
「指差し確認」が世界に普及?
首都圏では6社連携 関西は最低限の機能
2018年度は「荷物の持ち方・置き方」が初めて首位
鉄道にも到来した自動運転の波
新技術|ホームドア設置、AI活用のメンテナンス…
都心各地で大規模工事が進行中
今後も運行路線や運行本数は拡大していく
「おおさか東線」が全線開業
首都圏の新線・延伸計画、実現が早いのはどの区間?
新線・再開発計画の実現度には濃淡
データで見る鉄道業界の格差
身動きできないストレスは1200億円?
通勤客1945人のアンケート回答
東京圏32路線「最強の通勤電車」はどこか?
1位は小田急線、「複々線化」で混雑がグンと緩和
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内