有料会員限定

プレ大会、代表選考熾烈 東京五輪

印刷
A
A

2020年7月24日の東京五輪の開会式まで、1年と7カ月。19年春以降にチケットの販売も開始される予定で、いよいよ五輪の足音が近づいてきた。計画変更など紆余曲折を経た新国立競技場も19年11月に完成予定となり、こけら落としは20年元日のサッカー天皇杯決勝となる予定だ。

五輪の場合、競技ごとに事前のテストイベントが開催される。運営者のリハーサルという側面もあるが、メダルを目指す選手にとっても事前に会場の特徴をつかむ絶好の機会で、開催は19年夏からピークを迎える。同時に代表選考も本格化、五輪出場を目指す選手にとって、非常に重要な1年となる。ここではテストイベントの予定や、メダルが期待されている競技の代表選考方法を紹介していく。

一発勝負のマラソンや柔道、卓球など目白押し

19年最も注目すべきテストイベントは、9月15日に行われる「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)だろう。これは17年夏からスタートした「MGCシリーズ」といわれる各大会で、定められた順位と記録を残した選手が出場できるマラソン東京五輪代表決定戦だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内