道州制 佐々木信夫著

道州制 佐々木信夫著

日本を立て直す手段の一つとして注目される「道州制」の導入。都道府県制を廃止したうえで、内政の拠点を10程度の道・州と呼ばれる広域自治体に転換することによって、国と地方の役割分担を体系的に見直そうというのがその狙いだ。

各地域圏が固有の権限と財源を確保することによって、地域のニーズに合った独自の政治行政を可能とする。あるいは、都道府県と国の出先機関を統合することでのコスト削減、東京一極集中の解消など、さまざまな効果がある。

行政学、地方自治の専門家の立場から議論百出の道州制のメリット・デメリットとともに、変貌著しい海外の自治制度も引用しつつ、地域主権国家のあり方を論じている。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。