有料会員限定

ピーチが仕掛けるアジア大競争 転機のLCC

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

もっと遠くへ──。「片道4時間以内」が常識だったLCCの争いは、新たなステージに突入。日本発ピーチの挑戦を追った。

本誌:中川雅博

「競争激化のスピードが予想以上に速くなっている」。日本初のLCC(格安航空会社)として2012年に就航したピーチ・アビエーション。今年社員数が1000名を超えた同社を率いる井上慎一CEO(最高経営責任者)は、強い危機感を隠さない。

設立後3年で黒字化し、5年で累積損失を一掃するなど、現在5社ある日系LCCの中でもピーチは群を抜く成長を遂げた。発着枠が豊富で、24時間離着陸が可能な関西国際空港を本拠地に選び、1日当たりの運航本数を極限まで高めることで利益を伸ばしてきた。

だが昨年度、そのピーチの業績に異変が起こった。設立後初めて、減益決算となったのだ。「アジアのLCCが投げ売りをしている」。井上氏が頭を抱えたのは、度を超えた価格競争だった。

短距離は競争が激化 アジアでより遠くへ

訪日外国人数は昨年2800万人を突破。今年も2ケタ増が続く勢いで、そうした訪日客急増の一翼を担うのがLCCだ。現在日本路線を運航するLCCは21社。ピーチの就航以降、倍以上に増えた。6社を擁する韓国のほか、近年は東南アジア勢が猛烈な勢いで日本市場を攻めている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内