有料会員限定

安倍政治「終わりの始まり」 自民党総裁選挙に見る

✎ 1〜 ✎ 181 ✎ 182 ✎ 183 ✎ 最新
拡大
縮小
自民党総裁選に立った2人の候補者(撮影:尾形文繁)

自民党総裁選挙で安倍晋三総裁と石破茂元幹事長が戦っている。安倍氏が圧勝するということで大方の予想は一致。3期目の安倍総裁の下で、政権はどのような業績を残そうとするのか。

選挙戦の中で、安倍首相は憲法改正の発議に積極的な姿勢を示した。憲法改正を実現することこそ、日本の歴史に残る最大の偉業だと考えているのだろう。自民党内で揺るぎない権力を確立し、野党も分裂状態が続く。首相がその気になれば何でもできるように思える。

安倍政権が長期化する中、政治の世界の内外で、権力を批判する牽制作用は著しく弱くなってきている。改憲については公明党が最も有力なブレーキとなることが期待されるが、連立解消も辞さずという不退転の決意で改憲を止めにかかるかどうかは不明である。

改憲の具体的なテーマをこれから議論すれば、来年の通常国会の後半あたりから発議が可能な情勢となるだろう。来年7月に予定される参議院選挙の結果次第では、改憲勢力の議席数が全体の3分の2を割る可能性があることを考えれば、参院選と国民投票を同時に行うという奇策に打って出る可能性もある。改憲の中身にもよるが、安倍政権の下で日本の立憲政体が変更され、議会制や選挙を伴う権威主義的一党支配ができ上がるというのが最悪のシナリオである。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内