有料会員限定

福岡が起業の聖地になったワケ 「スタートアップ都市宣言」が結実

印刷
A
A

福岡市が「スタートアップ都市宣言」をしてから5年半が経った。さまざまな施策が今、実を結ぼうとしている。

(本誌:中原美絵子)写真:スタートアップカフェでは、無料で起業に関する相談ができる

「1~2年後に福岡で起業したい。それで、この場所に来てみたかったんです」。広島県出身で国立の大学院を今春卒業したばかりの男性は、うれしそうに話す。「この場所」とは、福岡市が昨年4月、天神駅近くの中心街に立ち上げたスタートアップ支援施設「フクオカ グロース ネクスト(FGN)」のことだ。

FGN内には、創業手続きから人材確保までを一気通貫で支援する「スタートアップカフェ」(上写真)をはじめ、スタートアップ企業が入居するオフィスやコワーキングスペースなどがある。福岡市内での起業に興味がある人のほか、ベンチャーキャピタリスト、新規事業創出に力を入れる企業など、スタートアップ(起業家)周辺の人々が日々、一堂に会している。

「フクオカ グロース ネクスト」

特集「福岡が起業の聖地になったワケ」の他の記事を読む

スカイディスクなどスタートアップ企業が入居

オープンから1年が経ち、最近では福岡市内だけでなく、東京のベンチャーキャピタルや起業に興味がある全国の若者までが集うようになっている。冒頭の男性は4月、東京の大手メーカーに入社する。だが、起業は東京ではなく福岡でという思いが強い。「福岡のスタートアップが盛り上がっていると人づてに聞いた。暮らしやすそうな雰囲気もいい。何より、人が多い東京では起業しても埋もれてしまう」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内