有料会員限定

豊洲では相次ぎ不調 東京都入札改革の是非 小池都知事肝いりの改革が裏目

印刷
A
A
今年10月11日の開場が決まった豊洲市場(撮影:今井康一)

特集「ゼネコン絶頂の裏側」の他の記事を読む

小池百合子東京都知事が明らかにした「盛り土」問題に揺れた豊洲市場。有害物質を含む地下水の安全性をめぐるすったもんだの末、地下空間にコンクリートを打ち、地下水管理システムを改修することを条件とし、今年10月11日に築地から移転することで決着した。

都肝いりの改革が裏目  ゼネコンが豊洲にそっぽ

ところが、今度はその追加工事をめぐって都は苦杯をなめさせられる。工事を請け負うゼネコンがなかなか決まらなかったのだ。

昨年9月から都が発注した追加工事9件のうち、その日のうちに落札されたのはわずか1件。ほとんどは業者側の金額が予定価格(都が設定した落札の上限価格)を大幅に超過、あるいは1社も入札に応じなかった(8件のうち主要な5件については下表参照)。

今年10月の開場を考えれば「年を越すわけにはいかなかった」(都財務局)。尻に火がついた都は競争入札をやめ、随意契約(任意で決めた相手と結ぶ契約)へと切り替えた。最後の契約を結んだのは12月22日。今年10月の開場を考えればぎりぎりのタイミングだった。なぜこんな事態を招いたのか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン絶頂の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内