有料会員限定

大手抜きでは造れない リニア談合疑惑の深層 »»Part2 変容する構造問題

印刷
A
A

ゼネコンの復調は発注者との関係にも大きな変化を及ぼしている。

リニア実験線から深くかかわってきた大手ゼネコン。情報交換は談合に当たるのかが焦点になっている(撮影:尾形文繁)

特集「ゼネコン絶頂の裏側」の他の記事を読む

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる大手ゼネコン4社の談合疑惑は混迷を深めている。東京地検特捜部は2月1日、鹿島と大成建設に家宅捜索に入った。最初に強制捜査に乗り出したのが昨年12月初旬。わずか2カ月で2度目の家宅捜索は異例だ。

パソコン、関係書類などが押収され、業務にも支障が出ていることから、ゼネコンからは「特捜部の嫌がらせか」「特捜部による偽計業務妨害ではないか」といった笑えない冗談が出るほどだ。

鹿島と大成建設は否認

今回の事件への対応は真っ二つに分かれている。大林組は公正取引委員会に、独占禁止法の課徴金減免制度(リーニエンシー)に基づいて談合(受注調整)を申告し、清水建設も認めた。ところが鹿島と大成建設の2社はかたくなに否認する。この認識の違いはどこにあるのか。

違反を認めている2社は「受注前に工事に関する情報交換をしていたことは事実」であり、「この情報交換が談合だといわれると、認めざるをえない」(清水建設)と言う。一方、否認する鹿島と大成建設は「必要な情報交換であり、談合ではない」と強く反発。特捜部の強引な捜査を疑問視する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン絶頂の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内