野菜だけだなんて思えない! ヘルシーだけどボリュームがあって大満足!《食べても太らない?! 健康志向のイチオシレストラン》

室谷 真由美

 宴会シーズンで、胃腸がお疲れの方が多い時期ですね。皆さま、体調は大丈夫でしょうか?

食事は、決まった時間に三食食べるのが、どこか世の中の常識としてあるようですが、体の声を聞いて食べることがいちばん理想的。

ですから、食欲がないのに、朝食をいただくことや、お昼も食べなければいけないわけではありません。あくまで食事をする目安は、「お腹がすいたら」だそうです。

そうはいっても、お仕事している以上、ご自分のタイミングで食事をするというのは大変なこと。

では、せめてその食事の質くらいは、気を使ってお疲れぎみの胃腸をいたわってあげたいですね。



 そこで今回ご紹介したいのが、新宿区若松町にあるナチュラル&オーガニックカフェバー「POINT(ポアン)」。隠れ家的であり、一人でも行きやすいすてきなお店です。

食材には、徹底的にこだわっていらっしゃり、お野菜は飲食業界ではとても有名な「築地御厨(ミクリヤ)」さんから、卸している無肥料・無農薬野菜たち。

目利きの超一流の御厨さんが卸してくださるお野菜は、まさに絶品! もちろんおいしいだけではなく、野菜本来の栄養価がぎっしり詰まった、体を元気にしてくれる食材そのものです。

それ以外にも、調味料などもこだわり、添加物や化学調味料は一切不使用。

そんな安心・安全なお店なのに、とってもリーズナブルで、ボリュームたっぷり。



 夜も23時までの営業なので、仕事がちょっと遅くなっても、駆け込めるのがうれしい。

どうせならアルコールだってこだわりたい。有機ホップを100%使用したオーガニックビールの味わいは、ビール本来の素材の味で喉ごしスッキリだけど、コクがある飲み心地。

お料理の数々のご紹介。前菜の3品盛り合わせ。

手前から「ラタトゥイユ・テンペ・長芋サラダ」

ジャガイモよりも長芋を使っているところがポイントなんです。

その理由が知りたい方は、体や心のアドバイスまでしてくださる料理長こと店主にお尋ねしてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT