有料会員限定

森友から加計へ 疑惑だらけ 首相に節度を求める声

印刷
A
A

「森友に続いて、こんどは加計か」。自民党の中堅議員が嘆いた。

安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園が愛媛県今治市に設立する予定の大学の獣医学部をめぐって、「総理のご意向」という指示が内閣府から文部科学省に伝えられたとする文書が明らかになり、政権を揺さぶっている。

森友学園の問題では、首相夫人の昭恵氏が名誉校長を務めていた小学校の建設予定地として国有地が値引きされて払い下げられ、官僚たちの「忖度(そん たく)」があったのかどうかが焦点となった。二つの疑惑から浮かび上がるのは、安倍首相の「一強」政治の中で政策が歪められていないかという疑念である。

加計学園をめぐる疑惑は森友問題とともに指摘されていたが、最近になって朝日新聞が文科省内のものとみられる文書をスクープした。加計学園の獣医学部開設について、国家戦略特区を所管する内閣府が文科省に対し、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などの言葉を使って、早期の許認可を迫っている。2016年9月に作成された文科省内のメモだという。前川喜平前文科次官は「文書は本物」と証言した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内