有料会員限定

混迷する東芝メモリ売却 ▶▶Part2 日本企業敗北の本質

印刷
A
A

重視すべきは、カネか経営力か

5月15日に決算見通しの発表を行った東芝。5400億円の債務超過に陥った(撮影:尾形文繁)

特集「半導体の覇者」の他の記事を読む

東芝が進めている半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉。5月19日には正式な買収条件を提示する2次入札が締め切られるはずだった。だが、その行方は混沌としてきた。最大の誤算は、メモリ製造工場を共同運営する米ウエスタンデジタル(WD)との対立が抜き差しならなくなっていることだ。

WDは、東芝が保有している合弁会社株式の東芝メモリへの移転、さらに東芝メモリの第三者への売却を自社の同意なしに行うのは「合弁契約に違反する」と非難。売却する場合には自社の優先交渉権を主張してきた。

東芝は「WDの主張に根拠はない」と反発。もともと東芝が組んでいたのは米サンディスク(SD)であり、2016年にWDがSDを買収したが「その際に東芝は同意を求められていない」(綱川智社長)とする。

業を煮やした東芝が、WDにメモリ売却の妨害行為の停止を求める警告文を送付したところ、WDも対抗策に打って出た。5月15日には東芝メモリの売却差し止めを国際仲裁裁判所に申し立てた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内