有料会員限定

グーグルが描く未来、「アシスタント」の全貌 対話型AIの新サービスを現地リポート

印刷
A
A

対話型AIの新サービスは、日常生活を変える可能性を秘めている。

グーグルが満を持して投入した「グーグルアシスタント」。シリコンバレーの開発拠点を直撃した

「OK、グーグル」。米国シリコンバレーにある、検索大手・グーグル本社。スマートフォンに向かってそう話しかける社員を見掛ける。

2016年9月、グーグルの本命ともいえる新サービスが始まった。検索事業の責任者、ジョン・ジャナンドレア上級副社長が「グーグル検索の進化形」と言うのが、対話型AI(人工知能)の「グーグルアシスタント」だ。話しかけると、ネット上のあらゆるサービスとつながる。

AIの専門家であるジャナンドレア氏が2016年に検索責任者に就き、AI重視の姿勢が鮮明に

対話型AIといえば、米アップルがiPhoneに搭載した「Siri」や、米アマゾンの「アレクサ」が先んじている。だがジャナンドレア氏は「検索エンジンもGメールも、業界初のものではなかった。(早さよりも)よりよいものを出したい」とする。

日本語版も開始

サンフランシスコにある対話型AIの調査会社、オーパスリサーチの創業者であるダン・ミラー氏は「Siriやアレクサよりも、グーグルアシスタントはAIとして賢くなるのが格段に早いだろう。これまで検索や広告で培った技術が生きる」と見る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内