『モテる構造』を書いた山田昌弘氏に聞く 男女の非対称性を映す"できる男はモテる"

印刷
A
A

「できる男はモテる」が、「できる女はモテる」とはならない。この非対称の裏にあるものとは。

モテる構造: 男と女の社会学 ((ちくま新書 1216))
モテる構造: 男と女の社会学 ((ちくま新書 1216))(筑摩書房/206ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──「できる女はモテない」のですか。

できるからモテないわけではなくて、できるとモテるとは女性には関係ない。男性だけに関係している。この構造が近代社会の基本にあって、日本では今に至っても変化は見られない。欧米では、できない男性でもモテたりして多少変わってきてはいるが。

──関係ないとは。

男性にとっても女性にとっても、できるとモテるがイコールではないようにしようというのがフェミニズムの目指したものだ。だが、日本ではなかなか女性の意識が変わらない。つまり、できる男性、仕事の能力の高い男性を好きになるという意識が変わらず女性のほうにあるため、社会的に性別役割分業も変わらないという大きな根拠になっている。こう述べると学界で女性学者からよく怒られるが。

──社会を観察すればそうだと。

構造的に、できる女性は性別役割を両方やらなければならないから大変だということになる。たとえば、できる女性は家事をしなければならないのに、できる男性は家事をしなくてもいいのは不当だ、と。それは実は、できる男性を選ぶ女性が多いからそうなってしまうのだ。できる、モテるに関係なく相手が選ばれるのが、この問題の解決策かというと、今度はまた別の形でそれぞれに生きづらさが起こってくる。生きづらさがなくなるわけでもない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内