フォトジャーナリスト 八木澤高明氏に聞く 『娼婦たちから見た戦場』を書いた

印刷
A
A

男たちが生死の極限状態に追い込まれる戦場には、必ずといっていいほど娼婦の存在がある。世界中の紛争地や戦場に生きる、彼女たちの実態とは。

娼婦たちから見た戦場  イラク、ネパール、タイ、中国、韓国
娼婦たちから見た戦場 イラク、ネパール、タイ、中国、韓国(KADOKAWA/角川書店/355ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──15年以上にわたり、世界中の娼婦を取材しています。

世間では彼女たちを陰の存在としてとらえ、暗くて大変そうなイメージを持ってしまう。一面では間違いないが、それだけではない。たとえばタイ・バンコクへ行くと堂々と働いていて、「いったい何者?」とさえ思ってしまう。彼女たちに悲壮感は漂っていないが、反面で今の生活から抜け出したいとも思っている。陰と陽の振り幅が、普通の生活を送る人より大きい。多くの葛藤やもどかしさを抱える生き様に引かれているのかもしれない。

──戦場の娼婦をテーマに選んだ理由とは。

戦争と娼婦は、切っても切れない関係にある。普通の日常を送っていても、戦争や内紛によって娼婦に身を落とす人が当然出てくる。戦後の日本もそうだったが、彼女たちの生きている場所が戦場そのもの。爆弾テロや攻撃の恐怖だけでなく、客とのトラブルで殺される人もいるし、病気の危険と隣り合わせ。身一つでたくましく生きている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内