有料会員限定

安易な投資は禁物乱高下のベンチャー株 IPOが静かなるブーム

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

東証マザーズに外国株として上場する創薬ベンチャー、アキュセラが演じたジェットコースター相場はこの先何年も語り草になるだろう。折からのバイオ株ブームに乗り、同社株が上場来高値の7700円をつけたのは5月25日のこと。いまだ世の中に新薬を送り出したことのない赤字ベンチャーの時価総額はその瞬間、2900億円近くにまで膨張した。

過熱感の象徴となったアキュセラ株の暴落

ところが翌日、同社は重大な発表を行う。大看板の新薬候補「エミクススタト塩酸塩」の有効性が治験で認められなかったとの内容だ。市場には売り注文が殺到し連日のストップ安、ぱんぱんに膨れ上がった時価総額はほぼ10分の1にしぼんだ。

驚くべきことにこの鉄火場で猛然と買い向かう投資家がいた。北尾吉孝氏率いるSBIホールディングスである。日本人医師の窪田良氏が米国で起業したアキュセラにSBIが投資したのは2008年。上場後も大半の株を持ち続け、株価急落直前には傘下のファンド分も含めると約21%を保有していた。15年にアキュセラで内紛が起きた際、SBIは窪田氏側に立ち、外部招聘した外国人役員の追放にも一役買っている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2016年版
IPOが静かなるブーム
フィンテックを取り込め!
学生1人ではもう起業できない
まだまだある!
ベンチャー100社 [コミュニケーション]
ベンチャー100社 [暮らし]
ベンチャー100社 [健康]
ベンチャー100社 [教育]
ベンチャー100社 [メディア]
ベンチャー100社 [フィンテック]
消えぬ新興企業の不祥事
究極の一人起業家
シリコンバレーVC激白!
ベンチャー100社 [外資が狙う3社]
ベンチャー「兄貴分」のしくじり戦記
ベンチャー100社 [不動産]
ベンチャー100社 [農業・フード]
ベンチャー100社 [ヘルスケア]
ベンチャー100社 [シェアリング]
1000億円予算の光と影
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内